テーマ:美術館巡り

文化の森の美人画展

文化の森の近代美術館 来年 開館30周年を迎えます。 そして プレ行事として 大正 昭和初期に多く描かれた美人画の 特別展が開催されています。 上村松園や鏑木清方をはじめ 多数の画家の美人画が 春夏秋冬に分けて展示されています。 当時の理想的な美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斎漫画展

相生森林美術館で開催中の 「北斎漫画展」を見に行ってきました。 江戸時代の浮世絵師 葛飾北斎。 北斎といえば「富嶽三十六景」が有名だが もう一つ有名な作品集が「北斎漫画」 弟子への絵手本として書かれたもので 江戸時代の暮らしや 人々の姿から始まり 植物や動物 昆虫にいたるまで 実に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展&道頓堀クルーズ

3年前から受講していたNHKカルチャー 「美術館・博物館巡りとグルメの旅」 残念なことに今回が最後になりました 運営するNHK徳島文化センターが 赤字運営のため閉校する事になったのです。 本当に残念 今回は、最後にふさわし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛媛のお城巡り

慌ただしかった年末年始も過ぎ、やっと落ち着いたので、のんびりと近場の道後温泉に一泊で行ってきました。 日本最古の温泉と言われる道後温泉♨ 1894年に落成した道後温泉本館は、現役の公衆浴場として営業を続けながら 国の重要文化財に指定されています。 昔 足を痛めた白鷺が 湧き出る温泉の湯に浸して傷を直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーブル美術館展

今年最後のNHKカルチャー「美術館巡りとグルメの旅」は、12月21日に、大阪市立美術館で開催の「ルーブル美術館展」に行ってきました 天王寺公園の中にある美術館は、かつては住友家の本邸があった場所で、美術館建設の時に 慶沢園という庭園とともに大阪市に寄付され、昭和11年に開館しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日日是好日」と倉本聰「点描画展」

三連休の初日 朝から精力的に遊んできました。 まずはイオンシネマで映画鑑賞 黒木華が演じる理屈っぽく真面目な女子大生が いとこ(多部未華子)とお茶を習い始める事に🍵 そして そのお茶の先生が樹木希林 四季折々のお茶室のしつらえや、お点前が 優雅で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相生森林美術館でギターコンサート

深まる秋の中に佇む相生森林美術館 ただ今開催中の「木に成る顔たち写真展」 徳島出身のグラフィックデザイナー 阪東勲さんの作品展です。 興味があって 見に行ってきました。 相生森林美術館にぴったりの企画展です 街に潜む不思議な顔を集めた写真がいっぱい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

没後50年藤田嗣治展と京都水族館

京都国立近代美術館で始まった 没後50年藤田嗣治展に行ってきました。 場所は、おなじみ平安神宮の大鳥居のすぐ前 実は この展覧会のチケット 朝日友の会に応募して当たったんです すごいでしょ ペア券でプレゼントしてもらったけど 誰に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーシキン美術館展とアーミッシュキルト

9月の美術館巡りは 大阪・中之島「国立国際美術館」で開催の プーシキン美術館展~旅するフランス風景画 ロシアが誇るプーシキン美術館から フランス絵画のコレクション 印象派を中心に風景画65点が来日 初来日の作品も多く 特に注目すべきは 今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3つの展示会とサックスのコンサート

今日は朝から大忙しでした まずはあわぎんホールで開催中の 「全国現代クラフト展」 染織、アートフラワー、パッチワーク 押し花、編み物、木彫り… いろんな手工芸品がずらり そんな中に友人の森岡さんの藍染め発見 なんと奨励賞{%ビックリ(チカチカ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モネの庭と、むろと廃校水族館

高知のモネの庭の青い睡蓮が 今が見頃だってニュースで聴いたので 夫に「高知にたたき食べにいこ~」と 食べ物で誘って、早速見に行ってきました まずは腹ごしらえ 道の駅キラメッセ室戸の鯨の里 日曜日だったせいかすごい人 辛抱強く待つこと30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラド美術館展&沢の鶴資料館

8月のカルチャー「美術館巡り」は 兵庫県立美術館「プラド美術館展」 スペインの巨匠 ベラスケスの傑作7点を中心に 17世紀のスペイン王家の収集作品を 7章に分類して展示していました。 ルネッサンスの後に現れたバロック ベラスケスはその黄金時代を代表する1人 光の明暗を巧みに表現し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は地元徳島の美術館へ

徳島県立近代美術館で開催中の 「佐野洋子の世界展」に行ってきました! 絵本作家・佐野洋子さんの代表作は ベストセラー絵本100万回生きたねこ 子供が描いたように見える彼女の絵 でも、いろいろな表現方法を駆使して 子供たちがときめく色彩で表現~{%わくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横山大観展と下鴨神社

7月のNHKカルチャーは猛暑の京都 京都国立近代美術館で開催中の 【生誕150年 横山大観展】です。 明治元年に誕生して90歳で亡くなるまでを 明治 大正 昭和と分けて展示されてました 伝統的な日本画の中に ルールにとらわれない 斬新な技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消しゴム版画展

よんでんエネルギープラザ阿南で開催中の 大倉朗人さんの消しゴム版画展 ◆ 瑠 璃 色 の 地 球 ◆ ~季節の贈りもの~ 興味もあり、早速のぞいてきました 最近 TV番組「プレバト」でもおなじみの ~消しゴム版画~ でも 来て 見て びっくり&#8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュシャ展とゆり園

6月のカルチャーはミュシャ 訪れたのは「堺アルフォンス・ミュシャ館」 ここはもとは堺市文化館で 堺市の実業家土肥君雄氏から ミュシャの作品 約500点が寄贈され ミュシャ館として展示 公開されています。 どの作品も 独特の構図に 沢山の髪飾りやドレープの多いドレスを着た 美しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創作人形とポストカード展

ただ今 阿南市那賀川町小延にある 「コーヒーワークス」で展示中の 【創作人形とポストカード展】 ~風の詩~絵から飛び出た小人たち~ 描かれてるのは 四季折々の花や木と そこに住む可愛い小人たち そして絵の中の小人たちが そっくりに作られて、カードの中から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

没後40年 熊谷守一展

愛媛県美術館 開館20周年記念の 「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」 仙人と呼ばれた画家 熊谷守一作品展です 娘を誘って、見に行って来ました 晩年のシンプルで 明るく ユーモラス そんな彼独特の絵にたどり着くまでの 20代前半から晩年までの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒のレザーでA4サイズのバッグ

カルチャーの美術館巡りに行く時 いろいろ頂く資料やパンフレット しわくちゃにならないように、 それらを入れるためのバッグを 手持ちの黒い牛革で作ってみました バッグはA4のパンフレットが入る大きさ 手縫いに使った糸は茶のロー引き麻糸 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜と相生森林美術館

那賀川中流の川口ダム湖畔の 緑に囲まれた場所に立つ相生森林美術館 徳島県内唯一の町立美術館であり 全国でも珍しい“木”の美術館として 木彫と木版画を収集しています 今回の展示は、常設展とともに 広重や歌麿など江戸時代の浮世絵から 竹久夢二や川瀬巴水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東郷青児展

あべのハルカス美術館で開催中の 【生誕120年東郷青児展】 今月のカルチャーで 行ってきました。 東郷青児といえば、誰もが知ってる 甘く憂いを秘めた美しい女性像 色彩はグレイッシュで 優しい色合いに満ち 滑らかな曲線で描かれた肌が 陶器のようになめらか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

草間彌生展と伏見稲荷大社

今年最初の美術館巡りは 【草間彌生展】 会場は祇園にある歌舞練場内の 「フォーエバー現代美術館」 大正2年に建てられた重要文化財の建物前に シンボルとなった水玉模様の大きな南瓜 ここは 春の「都をどり」の会場になる所で 建物の中は 総畳敷き 日本建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路一泊旅行と假屋崎省吾生け花展

お正月の後の骨休めに 近場の淡路へ のんびり一泊旅行 これまで何度となく訪れてる淡路島 そこで、今回 どこかいい所はないかな~と あれこれ探して 見つけたのが南あわじ市の 【滝川記念美術館 玉青館】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボストン美術館展とXmasツリー

12月のNHKカルチャーは 神戸市立博物館で開催中の 「ボストン美術館の至宝展」 アメリカの美の殿堂「ボストン美術館」 50万点にも上るコレクションの中から 今回は選りすぐりの80点の展示です。 古代エジプト美術から アンディ・ウォーホルまで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽尻利門 原画展

徳島県JR牟岐線の阿南駅そばにある 阿南光のまちステーションプラザで開催中の 「羽尻利門 原画展」を見てきました。 羽尻さんは若き絵本作家 彼が描いた絵本がずらりと並びます。 今回は阿南ののどかな風景を描いた 原画15点ほどが展示されています。 阿南駅の近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都迎賓館

友人のお誘いを受け、10月31日 「京都迎賓館」に行って来ました。 東京の「赤坂離宮」の洋風建築に対し 平成17年に造られた京都の迎賓館は 日本建築の伝統の技術と 現代の技術を融合した「現代和風」 建物はもちろん、庭、調度品、建具… すべてに 超一流の技能者が、 日本の伝統的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幽霊を見に!

梅雨のような雨が毎日続き、 季節外れの台風が2つも来たり 今年の秋は 水浸し そんな中 朝から爽やかな秋晴れの今日 小学校では2度も延びた運動会でした ちょっぴりのぞいてきました。 午後は徳島城博物館で開催の 「幽霊 美と醜の物語」展を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルミタージュ美術館展とヤクルト見学

10月のNHKカルチャーの美術館巡りは、 兵庫県立美術館で開催中の 「エルミタージュ美術館展」 「エルミタージュ美術館」は ロシア帝政時代の首都 サンクトペテルブルクにあり 世界3大美術館の1つ 女帝エカテリーナ2世が基礎を築きました。 美しい上に、貫禄があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民藝と北斎と白洲正子

10月6日(金) 大阪で、展覧会巡りをしてきました まずは、高島屋で開催中の 「民藝の日本」展 庶民の暮らしの中で育まれてきた民芸品! 思想家の柳宗悦らの「民藝運動」によって 日本各地で集められた生活の道具たち! 日常に使う道具や衣類の中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バロックの巨匠たち

今月のNHK美術館巡りは 「バロックの巨匠たち 展」 会場は姫路城すぐそばの 美しいレンガの建物 姫路市立美術館 この美術館は 明治時代 旧陸軍の建物でした 素敵ですね~ ルネッサンスの後に展開されたバロック文化 その時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more