梼原町へ「慰安旅行」①

慌ただしかった年末年始も過ぎて
いつもの生活がやっと戻ってきたので
夫と、恒例の「慰安旅行」に出かけました。

今年の行き先は『高知県梼原町』

梼原は雄大な四国カルストに抱かれた
面積の9割が森林の小さな町です

今回私がここを選んだのは
隈研吾氏設計の「雲の上のホテル」に
どうしても泊まりたかったから

隈研吾氏は言わずと知れた
新国立競技場の設計者
ここ梼原は 役場をはじめ
彼の設計した建物の宝庫なのです。

こちらが梼原町役場
1AEBFBA2-D931-463D-8B72-2B418B47282F.jpeg左端に止まってるのは私の車

F1E1552F-6439-4F71-ACBD-6D809D0F37E2.jpeg
モザイクのような木のデザインが斬新

梼原のお土産を売ってる「マルシェユスハラ
0662C8F4-F48D-429F-960B-2445BECF282F.jpeg
760FF5C3-A62C-49A9-894F-BDDBAED47DF7.jpeg
外壁は開け閉めできる茅葺きです
2階から上はホテルなんだって。



今回一番驚いたのが「雲の上の図書館

AE94FAC9-75BE-480A-B35C-390D41010BFA.jpeg
127F0FC2-C6C9-40CF-963A-6BF33104DC39.jpeg
04638DC1-CAFA-4BAB-A204-D01D6544F300.jpeg
外観はモダンでシンプルな感じだけど
一歩中に入ると超びっくり‼️

C5ADEB72-8F31-499D-A132-783B3E77CCD0.jpeg
5CD0225C-AA60-4CC6-BBDB-3EBC7E613A10.jpeg
天井から何本もの木がぶら下がり
まるで木の雨が降ってるみたい

どこもかしこも木、木、木🌳

館内は立体的に作られていて
本の並べ方も工夫がいっぱい

こんな素敵な図書館が近くにあったら
毎日のんびり読書三昧したいけど
梼原町はあまりにも遠いよね


そして最後は今回宿泊先に選んだ
雲の上のホテル」に到着

1AFB6BA1-7652-4FC2-B7F6-BFAC3E0301E5.jpeg
F18E468B-3A17-4164-8444-4B203708ACAF.jpeg部屋の真ん中に大きなシンク

48760AC4-5679-4EC0-A912-9A76E5F07AD4.jpegガラス張りの洗面所とバスタブ
新婚さんじゃあるまいしこれはちょっと


47F6CF84-F194-4725-8E0B-A456C2A7EF40.jpeg天井の木組み

2EA79652-9285-4BD3-BA0A-B598F8B094E8.jpeg
階段を降りたら…ベッドルーム

E95E2501-9C6C-47E2-8320-DB602808E5E8.jpeg
木の香が漂う非日常の素敵な空間
来てみてよかった

ただ一つ残念だったのが寒かったこと😨
梼原が四国一寒い所ってこともあるけど
部屋の天井が高くて暖房が効かないみたい


部屋を出ると雲の上の温泉への長い空中廊下で
雲の上のギャラリーとなっています。
170141EF-2B1E-413A-8FFE-293BE43AA392.jpeg
突き当たりには下へ降りるエレベーター

E0207BA7-EC1A-4EA3-9D11-87E9FF2C45A2.jpeg
ギャラリーを下から見たらこんな作り
どこまでもこだわりの設計に驚く

広くてとてもいい温泉♨️でした。


ディナーも土地のものを使った料理で
お洒落で、美味しく頂きました。
2D3E23D3-F19E-4C9E-B8F7-BEAA3A0F760A.jpeg
おせち風の前菜とお造り



旅の初日はここまで…


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス