「ウィーン・モダン」展

11月15日 久々に国立国際美術館へ🚌

70BA797C-69A9-4D7C-AC85-31E217835B3D.jpeg

オーストリアとの外交樹立150周年記念の
「ウィーン・モダン 」展を見てきました。

43BB8248-6AAB-4501-8B25-746771DB6550.jpeg
19世紀末から20世紀にかけて花開いた
ウィーンの文化を「世紀末芸術」と呼びます。
豪華絢爛のウィーンの黄金時代ですね

グスタフ・クリムト エゴン・シーレなど
その時代の代表的な画家の作品や
当時の美しく機能的な家具や銀食器 
ゴージャスな貴婦人のドレスなど
煌びやかなウィーンの文化を知る
とても華やかな展覧会でした。

798635C7-A47D-4D97-AFF5-20105686378C.jpeg
これは有名なクリムトの作品「接吻」
残念ながら今回は展示がありませんでした。

F1BD8505-F386-4DE7-97C1-ADFFD99F8812.jpeg
(ロビーのクリムトの作品)

クリムトの作品を期待して行ったのに
展示数が少なかったのがちょっ残念


そのかわり衝撃を受けたのがエゴン・シーレ

05A22470-E29C-417F-8194-084AA2478027.jpeg
奇抜な表現で描かれた自画像。
顔の横の黒い髪の毛に見えるのは
二面性を持つ自分の裏の顔!

他の作品も強烈な個性を放っています

シーレは女性に大胆なポーズをさせ
ちょっときわどい作品もあったりして
かなり目を引きます
私もちょっと興味が湧きました



お昼は大阪駅内にある「神戸れんが亭」
9E3654C1-C0E5-4B24-961F-6938E9544F5F.jpeg
ハンバーグにつなぎを使ってないそうで
牛肉の味がしっかりとしていました



お天気も良かったので 大阪駅から
中之島の美術館まで往復ウォーキング
歩いた歩数は9226歩
 久しぶりに都会の空気を満喫して
その上いい運動にもなりました




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス