バロック音楽の楽しみ

音楽療法を実践している
「杜のホスピタル」

今回のコンサートは
バロック音楽の楽しみ

79598281-68C7-4AB3-8C62-B4E1C0B18A82.jpeg

出演者は
3A494666-60AF-47D1-A806-BD19D4726187.jpeg

そしてプログラムは
B1D0E4EC-EC62-4C7C-B95A-31ADA3AE310F.jpeg

チェンバロとヴィオラ・ダ・ガンバが
バロック時代の音を醸し出せば そこに
リコーダーとフラウト・トラヴェルソが
美しいメロディを重ねていく

目を閉じれば 小さなホールが
華やかな宮廷の雰囲気に…

ところでフラウト・トラヴェルソって
現在のフルートの元祖となった楽器で
フラウト(笛) トラヴェルソ(横向きの)
なるほど 金属製のフルートが
木管楽器と言われてる所以ですね

重いチェンバロを運び込み
様々な古楽器を使っての演奏
バロック音楽の楽しみ

2時間近い演奏で
優雅なバロックの世界を
心ゆくまで楽しみました

A8D09447-2C69-42A9-BE6B-C82F41623E19.jpeg
作業療法士さんと患者さんが作ったステージ
チェンバロとの色の取り合わせもバッチリで
今回もほんと!かっこよかったです


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0