藤田嗣治展&音楽祭&作品展


まずは金曜日

兵庫県立美術館で開催中の

「藤田嗣治展」に行ってきました。

画像

フランスでは最も有名な日本人

~ 藤田嗣治~

でも、日本では最近まで

あまり人気がなかったらしい。

正直 私も自画像から見る印象から

ちょっとキザで変わり者の画家と思ってた

ところが、作品を見てすっかりファンに❗

面相筆で描く細く繊細な線

独自の美しい乳白色の肌の女性の絵は

またたく間にフランス人を虜に

(写真はPCより)
画像

画像

第二次世界大戦中には帰国し

陸軍の依頼を受けて戦争画を製作

画像
代表作「アッツ島玉砕」

敗戦後は、戦意に芸術を悪用したという

轟々たる批判に嫌気がさし 再びパリに。

そして、63歳でフランス国籍を得ると、

二度と日本には戻りませんでした。

晩年は洗礼を受け 宗教画も描きました。

画像



小品ながら私の目を引いた絵
画像
彼は自分の洋服は手作りしていました。

これは愛用した彼の裁縫道具の絵です。
想像するとなんだか親近感がわきますね


そんな絵に見とれて集合時間に15分も遅刻
みんなに平謝りでした

もう一度 飽きるほど見たいなぁ



食事の後は神戸港をクルージング

画像

画像

雨の予報に反して 青空が広がり
素晴らしい景観でした





そして土曜日は「コスモホール音楽祭」

画像


アリア
秋の夜半
狩人の合唱
ブルーシャトー

オカリナで4曲演奏しました

画像

画像
ロビーで記念撮影




そして日曜日

シビックセンターで「手織り作品展」

画像

画像
私のクラス <基礎>の作品たち



<応用> <創作>の上級クラスの作品は

技術、色彩とも 本当に素晴らしかった

画像

次期講座から<応用>へ行く予定だけど
ちょっと自信なくなってきた

がんばろっ




本当に忙しい三日間でした

今月はまだまだスケジュールがいっぱい❗

うれしい悲鳴❗

でも、好きなことができる幸せ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント