神戸で浮世絵三昧


先日、神戸にある2つの美術館で
たくさんの浮世絵を見てきました。




まず最初は「神戸市立博物館」

アメリカのボストン美術館には
10万点を数える日本美術コレクションがあり
その所蔵の半数を占める浮世絵

その中で今回 里帰り展示されてるのが
江戸後期のツートップ絵師

「国貞」と「国芳」 2人の絵

画像

画像


美人画が得意な「国貞」の浮世絵

画像

美人画の中には日常を描いたものも

画像
なんだか親近感が

画像
今も昔も女性はおんなじ





そして「国芳」の絵

画像

会場入り口には この絵が立体に

画像

画像

画像

国芳の絵は歌舞伎の役者絵が多い
人気役者の絵は今でいうブロマイド
ほんとにかっこいい



私も浮世絵の世界に潜入
画像






2つ目は「神戸ファッション美術館」

画像

とてもモダンな建物で、ファッションに関する美術館は日本でここだけ

画像

「豊国」は「国貞」「国芳」の師匠です。

画像

画像

色鮮やかで、繊細な模様の着物
生き生きとした女性の表情

浮世絵がこんなに美しかったとは

今回の美術館巡りで浮世絵の凄さを再認識



日本の文化って ほんと 素晴らしいね

でも残念なことに、明治時代には浮世絵を保存しなかったため
作品の多くがヨーロッパやアメリカに流出してるんだって





お昼は南京町の「雅苑」で中華料理

画像

画像

久しぶりの中華料理。
とても美味しくいただきました。


最後は「UCCコーヒー博物館」を見学し

盛りだくさんの神戸の1日が終了しました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント